GALLARY

ILL-BOSSTINO / THA BLUE HERB

ラッパーILL-BOSSTINO、トラックメイカーO.N.O、ライヴDJ DJ DYEの3人からなる一個小隊。

1997年札幌で結成。以後も札幌を拠点に自ら運営するレーベルからリリースを重ねてきた。

’98年に1st ALBUM「STILLING, STILL DREAMING」、2002年に2nd ALBUM「SELL OUR SOUL」を、’07年に3rd ALBUM「LIFE STORY」を発表。’04年には映画「HEAT」のサウンドトラックを手がけた他、シングル曲、メンバーそれぞれの客演及びソロ作品も多数。映像作品としては、ホーム北海道以外での最初のライヴ「演武」、結成以来8年間の道のりを凝縮した「THAT’S THE WAY HOPE GOES」、’08年秋に敢行されたツアーの模様を収録した「STRAIGHT DAYS」、そして活動第3期(’07年~’10年)におけるライヴの最終完成型を求める最後の日々を収めた作品「PHASE 3.9」を発表している。

HIP HOPの精神性を堅持しながらも楽曲においては多種多様な音楽の要素を取り入れ、同時にあらゆるジャンルのアーティストと交流を持つ。

巨大フェスから真夜中のクラブまで、47都道府県に渡り繰り広げられたライヴでは、1MC1DJの極限に挑む音と言葉のぶつかり合いから発する情熱が、各地の音楽好きを解放している。

MODEL : MUDDY

COLOR : C1 / Black×Silver / Brown Gradation

商品ページはコチラ

 

 


 

 

佐藤タイジ / シアターブルック

圧倒的なカリスマ性と独自の感性を持ったギターサウンドでシアターブルックのサウンドを牽引し、作詞・作曲を担当。

その他インディーズ電力、The Sunapulo、TAIJI at THE BONNETと異なるバンドからメッセージを発信。

「100%太陽の力だけでロックコンサート!」を目標に、ソーラーで武道館ライブ、ソーラーで野外フェスを開催。

日本の将来に必要な希望をロックスター佐藤タイジが音楽を通して戦っているのである。

MODEL : SECT

COLOR : Brown Demi×Clear Lens

商品ページはコチラ

 


 

小林賢司 (Large House Satisfaction)

小林賢司(B)、田中秀作(D)、小林要司(Vo, G)によるスリーピースバンド。高校で同級生だった小林賢司と田中のバンドに、賢司の弟である要司が加入して2005年に結成された。

2010年にリリースされたTHE BLUE HEARTSのトリビュートアルバム「THE BLUE HEARTS “25th Anniversary” TRIBUTE」に参加し、「チェルノブイリ」をカバーした。

そして2012年3月に1stシングル「Traffic」、9月に2ndフルアルバム「HIGH VOLTEX」を発表。

MODEL : CHILL

COLOR : C2

商品ページはコチラ

 


 

大竹重寿 / CRO-MAGNON

cro-magnon (Jazzy Sport ) 1996年、米国ボストンにて、Dr&Per:大竹重寿、G&B:コスガツヨシ、Key:金子巧が出会いジャムを始める。

99年帰国後、Loop Junktionを結成。
1枚のミニアルバム、2枚のフルアルバムをリリースし2004年惜しまれつつも活動停止。

同年、進化した三人が原点に立ち返り、cro-magnonとして活動開始。ジャンルを軽く超越したgrooveでトリオの可能性を追求中。

ステージの大小を問わず必ずオーディエンスを踊らせる。韓国や東南アジアでも人気爆発。2009年には2度目のヨーロッパツアーを成功させ、同年8月5日に通算4 枚目のフルアルバムをリリース! 2010年12月はcro-magnon初となる全曲Vocalistとのコラボアルバム『joints』をリリース!! (参加アーティスト:土岐麻子、さかいゆう、七尾旅人、Roy Ayers、TWIGY、gagle、 鎮座ドープネス、S.L.A.C.K. & PUNPEE、MC KAN、三宅洋平 、有坂美香 、Steve Spacek)。

2011年、一度は解散するも、2012年1月28日APPI JAZZY SPORTにて再びステージに、同年4月には初のベストアルバム『THE BEST』をリリースし完全復活となった。さらに、同年7月には漫画「へうげもの」とのコラボ・アルバム『乙』をリリース。

吉幾三をフィーチャリングした楽曲等で新境地を見せた。2013年には3度目のヨーロッパツアーを敢行し、その記録映像がTHE NORTH FACEの公式YOUTUBEチャンネルにアップされ話題に。昨年7月には5枚目のオリジナル・アルバム『Ⅴ』をリリース、全国40カ所以上のツアーを成功させる。

MODEL : Killer

COLOR : C2 / Brown Demi / Brown Smoke Lens

商品ページはコチラ

 


 

中納良恵 / EGO-WRAPPIN’

大阪府出身の音楽ユニット。メンバーは中納良恵(vo)森雅樹(g)。1996年に結成し、関西を中心に活動を展開。その後、拠点を東京へ移す。

98年に『BLUE SPEAKER』でアルバム・デビュー。2000年の「色彩のブルース」がキャバレー音楽や昭和歌謡をルーツにした独自の世界観として話題を呼び、ロングヒット。

全国へその名を広める。2002年にはドラマ主題歌となった「くちばしにチェリー」でも脚光を浴びる。以降、作品ごとに斬新な音楽性を発揮。

2016年4月に結成20周年記念オールタイム・ベスト&カヴァー・アルバム『ROUTE 20 HIT THE ROAD』を発表。11月には日本武道館にてメモリアルライヴを開催。

MODEL : MOJO

COLOR : C1

商品ページはコチラ

 


 

Peanut Butter Wolf (Stone Throw)

独自のスタンスでヒップホップ・サウンドを発展させ続けるレーベル、Stones Throwの主宰にてプロデューサー、DJ。

本名Chris Manak、米西海岸San Jose出身のピーナッツ・バター・ウルフは80年代末から活動を開始、早世したラッパー、カリズマ(Charizma)とともに、DJシャドウらと期を同じくして世に出る。93年にカリズマが逝去した後、プロデュースワークで注目を集めていた彼は96年、Stones Throwを立ち上げる。

同レーベルからはマッドリブ(Madlib)の諸作品を筆頭にロック・C(Roc C)、ダドリー・パーキンス(Dudley Perkins aka Declaim)、オー・ノー(Oh No)、アロー・ブラック(Aloe Blacc)などなど、多数の優れた才能を世に出し、ヒップホップシーンに欠かせない存在と認められている。

MODEL : RADIO

COLOR : C3

商品ページはコチラ

 


 Mndsgn (Stone Throw)

LA出身の現在25歳、自身でキーボードや歌などもこなしビートメイキングをするスタイルで、全般的にメローなサウンドが特徴的である次世代ビートメーカー/プロデューサー: マインドデザイン(aka Ringgo / リンゴ)。

音楽サイト Bandcampなどでクオリティの高いビートアルバム作品をリリースし、LAのビートシーンの登竜門でもあるLow End Theoryでもここ数年定期的にゲスト出演しシーンから認知度を高めてきている。現在はBoiler Room TVでも自身のマンスリー番組(Breakfast w/ Ringgo)をスタートした。

デトロイトのラッパー: ダニー・ブラウンやStones Throwの同世代アーティスト: ジョンウェインなどとも共作するなど、ラッパー/MCへの楽曲提供なども行っている。

2014年8月には待望の1stフルアルバム”Yawn Zen”がStones Throwからリリースされ、ヒップホップ/ビート/エレクトロニカなど多方面から高い評価を得ている。

MODEL : NIGHTOUT

COLOR : C1

 

 


 

YUKSTA-ILL

東海地方を拠点とする伝説的な不特定多数集団、TOKAI DOPENESS「TYRANT」のMCとして同地のシーンを牽引し、「KING OF HIP HOP」として名を売ったラッパー、YUKSTA-ILL(ユークスタイル)。

活動初期に地元・鈴鹿で結成されたユニット、B-ZIKとしての活動と並行してULTIMATE MC BATTLE名古屋地区予選(07,09年)を制したことでソロMCとしてもその名が広まり、07年にはソロとしてシングル“LOST BOY/SO PARANOID…”をリリース。

TYRANTの盟友であり、RCSLUMでも活動をともにするATOSONEとの共作『ADDICTIONARY』(09年)を挟み、11年に呂布カルマやMIKUMARIら、同胞のMCたちも参加したファースト・アルバム『questionable thought』をWDsoundsからリリース。

13年にはそのWDsoundsと共謀し、東京を拠点に活動するビートメイカーたちとジョイントしたミニ・アルバム『TOKYO ILL METHOD』を、15年にはそれまでの活動を総括するミックス作品『MINORITY POLICY』をリリース。

同年には同じ東海地区を拠点に活動するラッパー、SOCKSのアルバムに参加し、同地のレジェンドである刃頭プロデュースの“OWNERZ OF HONOR”でコラボしたことも話題に。

また、自らも名を連ねるクルー/レーベル、RCSLUM / RCSLUMのクルー・アルバム『WHO WANNA RAP』、『WHO WANNA RAP2』を筆頭にDJ RYOWやtha BOSS(THA BLUE HERB)、仙人掌らの作品へ参加し、ISSUGIやMASS-HOLEが中心となってドープなMC勢で結成されたコレクティヴ、1982sにも名を連ねており、着実にその名は全国区に広まっている。

2017年2月、実に約5年ぶりとセカンド・アルバム『NEO TOKAI ON THE LINE』をリリース。

MODEL : RADIO

COLOR : C3

商品ページはコチラ

 


 

casanova.6

 

 武藤昭平 (勝手にしやがれ)

ジャズパンクバンド、 勝手にしやがれのリーダーであり、ヴォーカル・ドラム担当。

「武藤昭平 with ウエノコウジ」では、ドラムスティックは握らずにガット・ギターとヴォーカルを担当する。

2009年には會田茂一プロデュースによる1stソロシングル「至福の空」、フラメンコギタリスト沖仁プロデュースによる2ndソロシングル「ワインレッドの心/リコ」を発表。

バンドと併行してソロ活動も精力的に行っている。

MODEL : STOMP

COLOR : C1

商品ページはコチラ

 


 

casanova.7

ウエノコウジ (the HIATUS)

1968年3月27日生まれ。広島県広島市出身の日本のベーシスト。明治学院大学卒。

後輩のクハラカズユキの誘いでthee michelle gun elephantに加入し、96年に1stシングル「世界の終わり」でメジャー・デビュー。

その後はRadio Carolineをはじめ、武藤昭平 with ウエノコウジやthe HIATUSのメンバーとして活躍。

また、DAD MOM GODやTAIJI at THE BONNETにベーシストとして参加するなど、さまざまな形で活動を展開。加山雄三率いるTHE King ALL STARSにも参加。DJとしても精力的に活動。

MODEL : REBEL

COLOR : C1

商品ページはコチラ

 


 IMG_2610-1030x687

TAKA HIROSE (FEEDER / Muddy Apes)

Bassist。

1994年に結成されたイギリスのロックバンドFEEDERのベーシスト。

INORAN(LUNA SEA)×TAKA HIROSE(FEEDER)×DEAN TIDEY×MAESON(8otto)のワールドワイドなメンバー4人からなる日英米混合バンド「Muddy Apes」のベースも務める。

MODEL : RADIO

COLOR : C1

商品ページはコチラ

 

14137915_1230724840281441_1972855568_n

MODEL : REBEL

COLOR : C1

商品ページはコチラ

 


 

IMG_2608-1030x687

Dean Tidey (Muddy Apes)

INORAN(LUNA SEA)×TAKA HIROSE(FEEDER)×DEAN TIDEY×MAESON(8otto)のワールドワイドなメンバー4人からなる日英米混合バンド「Muddy Apes」のレフティー・ギタリスト。

MODEL : RADIO

COLOR : C3

商品ページはコチラ

 


 

IMG_1722

チバユウスケ (The Birthday / THE GOLDEN WET FINGERS)

90年代より日本のロックシーンを牽引し続けるアーティスト。

THEE MICHELLE GUN ELEPHANT、ROSSOのボーカリストを務め、現在はThe Birthday、THE GOLDEN WET FINGERSのボーカル兼ギタリストとして活動している。

MODEL : RADIO

COLOR : C1

商品ページはコチラ

 


 

IMG_1677

イマイアキノブ (THE GOLDEN WET FINGERS)

1981年よりライヴハウスなどにて音楽活動を始める。

ex-FRICTION、ex-The Birthday、ex-CHICO HIGE&The Unit、ROSSO 、The Golden Wet Fingers、MIDNIGHT BANKROBBERS

MODEL : REBEL

COLOR : C3

商品ページはコチラ

 


 

13563635_916941201747671_1776974950_n

小林要司 (Large House Satisfaction)

小林賢司(B)、田中秀作(D)、小林要司(Vo, G)によるスリーピースバンド。高校で同級生だった小林賢司と田中のバンドに、賢司の弟である要司が加入して2005年に結成された。

2010年にリリースされたTHE BLUE HEARTSのトリビュートアルバム「THE BLUE HEARTS “25th Anniversary” TRIBUTE」に参加し、「チェルノブイリ」をカバーした。

そして2012年3月に1stシングル「Traffic」、9月に2ndフルアルバム「HIGH VOLTEX」を発表。

MODEL : REBEL

COLOR : C1

商品ページはコチラ

 


 

160417155750

小林賢司 (Large House Satisfaction)

小林賢司(B)、田中秀作(D)、小林要司(Vo, G)によるスリーピースバンド。高校で同級生だった小林賢司と田中のバンドに、賢司の弟である要司が加入して2005年に結成された。

2010年にリリースされたTHE BLUE HEARTSのトリビュートアルバム「THE BLUE HEARTS “25th Anniversary” TRIBUTE」に参加し、「チェルノブイリ」をカバーした。

そして2012年3月に1stシングル「Traffic」、9月に2ndフルアルバム「HIGH VOLTEX」を発表。

MODEL : REBEL

COLOR : C1

商品ページはコチラ

 


 

160417155845

田中秀作 (Large House Satisfaction)

小林賢司(B)、田中秀作(D)、小林要司(Vo, G)によるスリーピースバンド。高校で同級生だった小林賢司と田中のバンドに、賢司の弟である要司が加入して2005年に結成された。

2010年にリリースされたTHE BLUE HEARTSのトリビュートアルバム「THE BLUE HEARTS “25th Anniversary” TRIBUTE」に参加し、「チェルノブイリ」をカバーした。

そして2012年3月に1stシングル「Traffic」、9月に2ndフルアルバム「HIGH VOLTEX」を発表。

MODEL : RADIO

COLOR : C3

商品ページはコチラ

 


 

IMG_2420

CAMPANELLA / Rapper

1987年愛知県生まれ。

2011年、RCSLUM RECORDINGSのオムニバス『the method』でその名をヘッズの耳に焼き付け、ネット上にアップしたフリーミックステープ『DETOX』と、そのリメイク盤『RETOX』で注目を浴びる。

同年、C.O.S.A.とのユニット、コサパネルラ名義で自主リリースしたEP『The Cosapanella from MdM』は、後に3枚組アナログとしてもリリースされた。

2012年、CAMPANELLA&TOSHI MAMUSHI名義のスプリット・アルバム『CAMPY&HEMPY』をリリース。

インターネットラップバトル「INTER HOOD」二連覇を達成したほか、Youtubeで公開し、大きな話題を呼んだ楽曲「My California」をアナログでリリース。

さらに、2013年、DJ ISSO & CAMPANELLA名義のオフィシャル・ミックスCD『hope is no hope』をリリースしたのち、2014年、待望のデビュー・ソロ・アルバム 『vivid』をリリース。その内容は各方面から称賛され、その年のヒップホップ年間ベストに多数選出された。

2015年末、勢いを増す東海を代表するヒップホップ・クルー「SLUM RC」のアルバム『Who Wanna Rap』に参加。現在、数多くの客演やライブを精力的に行いながら、セカンド・ソロ・アルバムの制作に励んでいる。

MODEL : STOMP

COLOR : C2

商品ページはコチラ

 


 

IMG_3412

C.O.S.A / Rapper

1987 年産まれ愛知県知立市出身。

ローライダーカルチャーから HIPHOP へのめり込む。12 歳の時に歌詞を書き始め、中学 3 年間でリリックノートは束となる。

16 歳からラッパーとして活動をスタートし同時にビート制作も行う。 その後ビートメイカーとしてラッパー” CAMPANELLA” との共作、「The Cosapanella from MdM / コサパネルラ」をリリースし、自主制作ながらも完売、翌年にはマンハッタンレコードからアナログ LP もリリースされる。

2013 年 5 月ラッパーとして活動を再スタート。楽曲を制作し続けては精力的にライブを行う。

2015 年自身初となるラップアルバム「Chiryu-Yonkers / C.O.S.A.」をリリースする。

MODEL : STOMP

COLOR : C2

商品ページはコチラ

 


 

IMG_2913

渡辺俊美 / TOKYO No.1 SOUL SET

1990年、TOKYO No.1 SOUL SETとしてデビュー。

1995年、アルバム「TRIPLE BARREL」(江戸屋レコーズ/BMG)でメジャーデビュー。

様々なジャンルを取り込んだ、既成概念に捕われない独創的なサウンドは、幅広い層から支持を集める。

MODEL : STOMP

COLOR : C1

商品ページはコチラ

 


 

IMG_3514

CRZKNY/TRACK MAKER

広島在住のトラックメーカー。2011年よりJuke,Footworkの楽曲制作を開始。

翌年日本Juke黎明期に36組45曲を収録したコンピレーション『Japanese Juke & Footworks』を食品まつりと共同で企画配信、2000超のDL数を記録した。

また世界初のHIPHOP×JUKEコンピレーション『160 or 80』にてアルバム中最多の3組(Down North Campの仙人掌、SIMI LABのMARIA & DOM YORK、MVJIMOB)への楽曲提供を行い、マスタリングを担当したイリシットツボイからその重過ぎる低音を評した「重機BASS」の称号を授かるなど多方面からも絶大な支持を受けた。

翌13年にフィジカルにて自身のファーストアルバム『ABSOLUTE SHITLIFE』をリリースと同時に即完売させる偉業を果たした。

また新宿LOFT企画にてリリースパーティーが開催され、来場者を重機BASSで震えさせた。その後沖縄から仙台まで30カ所を超える全国ツアーを行い、「広島の低音ヤクザ」との呼称が国内で定着した。

同時に、国内外問わず数多くのアーティストのリミックスやプロデュースを担当しつつ、国内Jukeコンピ第二弾の『Japanese Juke&Fwk2』を企画配信するなど精力的に活動、翌14年にはセカンドアルバム『DIRTYING』をフィジカルでリリース。他を寄せ付けない圧倒的な重低音と攻撃性、そして叙情性を携えたアルバムはまたしても絶大な支持を受けた。

またJuke、Footworkと同時にデトロイトエレクトロの伝説Drexciyaに通じる深海エレクトロも制作しており、エレクトロでのファーストアルバム『NUCLEAR/ATOMIC』はBandcampのエレクトロ部門第一位を記録、Two Lone SwordsmenのKeith Tenniswood等エレクトロ界の大物が挙って賞賛のコメントを寄せるなどその実力を示した。また、元Underground Resistanceのメンバーが運営するMixworksからはアナログ『RESIST EP』がリリースされ、前記したDrexciyaのオリジナルメンバーでもあるUrban Tribeがリミックスを務めるなど、Jukeに留まらない国際的な活躍を果たしている。

MODEL : STOMP

COLOR : C3

商品ページはコチラ